本文へスキップ

吹田市 千里丘 茨木市 宇野辺 うの整骨院

う の 整 骨 院

予約、その他お問い合わせはTEL/FAX.06-6875-6152

〒565-0802 吹田市青葉丘南5-10-101

吹田、茨木、豊中、摂津、で坐骨神経痛の治療院をお探しの方


【坐骨神経痛について】

まず坐骨神経痛というのは大きくばっくりとした言い方で、内科で言うと「風邪」って
言っているようなものです。風邪と言っても色々ありますよね?
同じように坐骨神経痛と言っても色々種類があります。
 
坐骨神経痛は神経がどこかで圧迫され、その神経支配領域に痛みやシビレが出現します。
その圧迫のされ方によって、
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、
すべり症
などに分けられています。

 坐骨神経痛はどんな症状なのか?

腰、背中、おしり、太もも、膝、すね、ふくらはぎ、足の指などに
痛みやシビレが出ます。
(要は下半身のどこに出てもあかしくありません。)

発症年齢も広く、性差もありません。

●腰痛と足の痛みやシビレを併発している

●腰の痛みはないが足の痛みやシビレがある

●おしりだけが痛い

●足の裏がシビレる、足裏の感覚がおかしい

●慢性的に腰が痛い

●足が挙がりにくい、足全体がダルイ

●腰から背中にかけてズキズキ痛む

●同じ姿勢がずっと保持できない(立位、座位)

などなど、症状は様々です。

またレントゲンでは判断がしづらく、検査を行うのであれば
MRIを撮ることをお勧めします。

 実際に坐骨神経痛が出たらどうしたらいいのか

まずは自分でもどんな症状か落ち着いて考えましょう。

@安静時に痛みやシビレがあるかどうか
 
例えば筋肉痛や疲労性の筋痛などであれば安静時よりも
動作時の方が痛みが出やすいです。
安静時にシビレがあるということは、腰椎などで神経が圧迫されている
可能性がありますので、坐骨神経痛を選択肢に入れてもいいかもしれません。

A数週間〜数か月に渡り症状が改善しない
 
これも上記と同じで、筋肉痛などであればここまでの期間
治らないのは考えにくいです。

B同じ姿勢が痛くて保持できない

例えば、座位は立位に比べて腰椎への負担が大きく、神経を圧迫している場合
その負荷に耐えられなくなっています。車の運転時なども同様です。
同じ姿勢が維持できないということは、どこかで神経を圧迫している
可能性があります。

簡単ではありますが指標の一つにでもしてみて下さい。

上記の場合、腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離症、すべり症
などの疑いがありますので早期の治療開始をお勧めします

 当院での治療法

当院では「神経痛専門の運動療法」を行っております。

まずはヘルニア、分離症、狭窄症、何が原因による神経痛なのかを鑑別し
治療方針を決めていきます。

坐骨神経痛が出ている場合、神経や周辺組織は外部からの刺激に
非常に敏感になっています。
ですので、少しの負担が症状の悪化を招くことになり、
改善も遅くなってしまいます。

当院の運動療法ではそれらのことを踏まえて、神経痛専門の運動療法を行います。
 神経の興奮を抑える
 炎症を抑える
 神経、筋肉の機能を正常に戻す

今まで電気を当てたり、牽引でひっぱったり、マッサージを受けたり
色々試してきたけど改善が見られなかった方も多いのではないかと思います。

あきらめる前に一度、うの整骨院へご相談下さい!!

当院は坐骨神経痛治療を得意としています!

以上で「坐骨神経痛の痛みとシビレ治療」の項目を終わります。

吹田、茨木、豊中、摂津、高槻でヘルニアや坐骨神経痛の整骨院をお探しの方は
うの整骨院へお越し下さい。
当院では神経痛の専門運動療法をご用意しております。


関連性があり、皆さんがよく読んでいる項目です。


・「腰椎ヘルニアの痛みとシビレ」

・「腰椎ヘルニア、坐骨神経痛の治療」

・「腰椎ヘルニアが手術しなくても改善する訳」

・運動療法

・腰椎ヘルニアでやってはいけないこと


吹田、茨木、豊中、摂津、高槻で坐骨神経痛の治療院をお探しの方はぜひ!



うの整骨院健康ブログ


うの整骨院
ビルダークリニック


【休診日】
日曜、祝日

【所在地】
〒565-0802
大阪府吹田市青葉丘南5-10-101
TEL/FAX 06-6875-6152
mail:info@unoseikotsuin.com