本文へスキップ

吹田市 千里丘 茨木市 宇野辺 摂津市 高槻市 豊中市ご予約、お問い合わせはこちら  06-6875-6152

運動療法についてexercise therapy

当院の運動療法について

解剖学、神経生理学、運動学、脳科学などを基本として研究、考案され、

神経や筋肉の生理学的作用を利用することで、神経伝達機能や筋肉機能を正常に戻す治療法です。

痛みやシビレなどの感覚は主に脳で情報処理をされていることが科学的にもわかっており、

神経伝達機能を正常に戻すことで筋肉の機能が正常になり、

脳内で処理されている痛みやシビレ情報が消去され症状が改善していきます。

患者様はただ寝ているだけでよく、こちらで緩やかに関節や筋肉を動かすだけです。

技術習得が困難な為、国内でも受けられる治療院は限られておりますが、

お陰様で無痛治療としても評判をいただいており、痛くない、怖くないを実感していただけるかと思います。


  

痛みのメカニズム

「痛み」や「シビレ」の本当の原因は何だと思いますか?

痛みとは簡単に言うと
「脳で作り出された感覚、または記憶」のことです。


体にはあらゆるところにセンサー(受容器)が張り巡らされており、

常に自分の体の状態を脳が監視しています。

体に炎症や組織損傷などの異常が起こるとそのセンサーが働き、

神経を通じて脳へその異常を知らせます


そこで脳はその異常に対して「痛い」「痛くない」を判断します。


つまり痛みを出すかどうか、どの程度の痛みにするかは脳次第ということです。

ですので、脳内に「痛みの情報」が残っている限り、傷が治ろうが炎症が治まろうが

「痛み」が消えることはありません(慢性痛の正体はまさにこれです)

神経伝達とは?

私達は身体を動かす際、神経から筋肉へ電気信号が送られます。

その際に神経伝達物質が分泌され、筋肉に命令が渡り身体が動くようになります。
これが神経伝達です。

これらの伝達が正常であれば筋肉や関節は問題なく動くのですが、

何らかの原因でこの伝達物質の分泌が抑制されると、

神経と筋肉間で伝達障害が起こり、筋肉へ命令が行きづらくなり

正常に働いてくれなくなります。

運動療法の効果

痛みやシビレがある状態というのは、常に神経から痛みの情報が脳に送り続けられている状態です。

痛みがあると脳は神経を通じて身体を動かさないように命令を出します。

このことにより神経伝達物質の分泌が抑制され、筋肉に命令が行かなくなります。

その結果、関節や筋肉の機能が制限され、動けないうえに痛みも取れないといった

悪循環を作り出します。

・痛みを脳に伝える神経(感覚神経)

・動かそうとして筋肉に命令を送る神経(運動神経)

痛みやシビレの正体は、この2種類の神経伝達障害と言えます。

この神経伝達を正常にすることで、筋機能が正常になり、脳内の痛み情報も消えていきます。


それを可能とするのが、当院の運動療法になります。

どこに行っても改善されなかった方は、ぜひ一度当院へご相談下さい。




改善例

【頸椎疾患】
 頸椎症、椎間板ヘルニア、寝違え、むち打ち症、バーナー症候群、胸郭出口症候群

【肩、腕、肘疾患】
 五十肩、野球肩、野球肘、SLAP損傷、腱板損傷、テニス肘、ゴルフ肘
 上腕二頭筋炎、外側(内側)上顆炎

【腰椎疾患】
 ギックリ腰、椎間板ヘルニア、分離症、辷り症、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、仙腸関節痛
 梨状筋症候群

【膝疾患】
 変形性膝関節症、半月板損傷、前十字靭帯損傷、側副靭帯損傷
 タナ障害、鵞足炎、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、ランナー膝、オスグッド
 腸脛靭帯炎

【手足疾患】
 変形性股関節症、グロインペイン、ばね指、腱鞘炎、手根管症候群、シンスプリント、
 足底筋膜炎、アキレス腱炎、踵骨炎、踵骨骨端症(シーバー病)、三角骨障害、
 TFCC損傷、腓骨筋炎、外脛骨障害、足根洞症候群







うの整骨院

〒565-0802
大阪府吹田市青葉丘南5-10-101

<電話で予約>
06-6875-6152

<LINEで予約

当日予約はお電話のみとなります
友だち追加

アクセス

大きな地図で見る

モノレール宇野辺駅徒歩5分
JR茨木駅、千里丘駅徒歩15分
吹田すいすいバス停留所5分
青葉丘北、青葉丘南、宇野辺

<整骨院専用駐車場>
整骨院を左手に見ながら
川沿いを左折
「森駐車場 26番」

<近隣パーキング>
近隣に2カ所パーキングがあります